前へ
次へ

就職祝いの相場について考える

親族や友人・知人などの就職が決まったときは、お祝いとして「就職祝い」を現金か、品物で送ることがあります。相場としては、5千円から5万の間になります。金額は、贈る相手との間柄によって異なってきます。贈る相手からみて、祖父母や両親の場合は、3万から5万が平均的です。叔父・叔母や兄弟姉妹の場合は1万が平均的な相場になります。それ以外の親戚や友人・知人の場合は、5千円が相場になります。贈る側の年齢によっても金額は変わります。一番多い金額は、1万円になります。就職祝いと卒業祝いが重なった場合は、就職祝いの方を優先します。祝儀袋は、蝶結びの水引きを使い、のしの表書きは「就職御祝」または、「祝御就職」と書きます。

Page Top